引越し費用の捻出

茶色の住宅

自己の所有する不動産を売却するにあたって、まず何から始めるか。
兎にも角にもその相場を知ることです。
その相場を知らなければ始まりません。
ここで気を付けたいのが、一般ユーザーへ売却する場合の相場と買取業者に卸す場合の相場の二つを把握しておくことです。
一般的に言って、一般ユーザーが買う場合の方が、買取業者が買取をする場合に比べて1割から2割程高くなります。
買取業者の場合は買い取った後にその物件を再販売するので、彼らの利益を乗せた後での市場への出値が、あまりにも一般の相場とかけ離れてしまう価格では買うことができないのです。
綿密な事業計画の基に提示できる金額の上限が決まってくるので、どうしても収益性の関係のない一般ユーザーよりは低い金額になります。

では相場を知るにはどのような行動を取ればよいのでしょうか。
まずは不動産会社に相談することです。
会社に相談するとしつこく営業されるかもしれないという懸念もありますが、本気で売却を考えているのであれば避けては通れません。
彼らは近隣物件の過去の成約事例や現在市場に出ている近隣の物件の価格を総合的に判断して、相場を割り出します。
最近では、物件の情報を入力すると複数の意不動産会社に同時に情報が送られ、複数の会社から査定価格の返信がある一括見積の専門サービスのサイトもあります。
複数の会社の査定価格を比較・検討するとより一層現実味が増してきます。
本気で売却を考えるのであればこのようなサービスを有効に使っていくべきです。